太陽光発電工事をする前に知っておきたい基礎知識

[PR]

福岡で大人気の太陽光発電システム!
導入の流れをリサーチ♪

太陽光パネルの内容を見てみよう
詳しい情報が書かれている

群馬で注目されている太陽光発電☆
格安で対応してくれる。

外壁塗装ならオンテックスに依頼しよう
家の雰囲気をチェンジ☆

家庭の太陽光発電

パネル

太陽光発電の仕組み

福岡や名古屋の自宅に太陽光パネルの設置を検討している方は、太陽光発電の仕組みも同時に知っておきましょう。太陽光発電は、太陽パネルを使って電気を発生させる発電方法です。太陽電池をいくつ重ねてパネルを作ります。この太陽光パネルを形成している太陽電池が電気を生み出しているのです。太陽電池は、太陽の光エネルギーを電力に変えています。太陽の光エネルギーを感知すると、光電効果という効果により電力が生み出されます。この光電効果は、太陽電池に使われている半導体の電子の働きにより起こります。少しでも多く電力を生み出すには、太陽光パネルの角度、設置場所、パネルの種類を選ぶことが大切です。1MWの電力を生み出すには、約2ヘクタールの土地が必要だといわれています。

屋根の形状で価格は変わる

京セラなどのメーカーが販売している太陽光パネルの費用総額は、全国平均で約180万円とされています。しかし、太陽光パネルは、屋根の形状によって大きく価格が変わるので注意が必要です。設置費用を安く済ませることのできる屋根の形状は切妻屋根です。単一面の屋根で、南向きだとなお良しとされています。一方、寄棟屋根という複数面の面がある屋根は、設置面が多くなり工事にかかる費用が高くなってしまいます。次に屋根の傾斜もチェックしておく必要があります。屋根の傾斜には大きく分けて傾斜屋根と陸屋根の2つがあります。傾斜屋根は名前の通り傾いている屋根のことをいいます。太陽光パネルは、太陽の光を少しでも効率的に当てるために斜めに設置するのが基本です。そのため最初から斜めに傾いている傾斜屋根は無駄な設置費用がかかりません。陸屋根は地面と平行になっている屋根です。陸屋根の場合は、太陽光パネルを斜めに設置させるために、追支柱や基礎土台の費用が追加でかかってしまいます。他にも屋根の素材や広さでも設置費用は変わります。専門の業者に依頼すると見積もりを出してくれるのでまずは気軽に見積もりをしてみましょう。

太陽光パネルを設置する前に

太陽光パネルを設置するときは、業者のアフターフォローと、kW単価を確認するようにしましょう。まずは、業者のアフターフォローのチェック方法について説明します。太陽光パネルは20年や30年単位の長期使用が前提です。そのため、設置を依頼する業者のアフターフォローは欠かせません。太陽光パネルにかかる費用はアフターフォロー料金が多くを占めています。例えば、設置料金が安過ぎる業者は要注意です。アフターフォローの保証が十分ではなかったり、メンテナンスをアルバイトに依頼している場合もあります。アフターフォローがしっかりしている業者はメンテナンスもベテランの職人がおこなうので安心です。アフターフォローをチェックしたあとは、太陽光パネルのkW単価を確認しましょう。太陽光パネルのkW単価は、費用の総額をkW数で割ると出てきます。例えば200万円で5kWの電力を作る太陽光パネルと150万円で3kWの電力を作る太陽光パネルでは、一見後者の太陽光パネルの方がオトクに見えますが、kW単価を計算すると、1kWあたり40万円で発電できる前者の太陽光パネルの方がオトクだと分かります。設置費用や太陽光パネルの安さだけを見ずに全体のバランスを考えて決めるようにしましょう。

この記事のまとめ

太陽光発電は、太陽の光エネルギーで電力を生み出していて屋根の形状によって設置費用は変わります。また、太陽光パネルを設置する前に業者のアフターフォローとkW単価は必ずチェックしておきましょう。